新しい工法の特許をイシンホームで取得しました。「WRC」工法と名付けられました。

Wは「ウッド(木造)」です。「RC」は鉄筋コンクリートの意味です。両方の良いところを組み合わせて作った工法です。

構造体と外部は構造計算された鉄筋コンクリート構造です。重くて強い防災構造です。内装は木造併用なので住みやすい家です。

鉄筋コンクリートの小住宅を工務店もゼネコンも嫌がります。苦労して建てても小さいコンクリートの建物は採算に合わないからです。従って地方のゼネコンから町家の大工さんまで施工できる工法でないと普及できません。施工性がよく現場監督も楽な新技術の工法です。これは実用化の大事なポイントです。日本中の人が防災住宅を必要としているので全国へ普及したいと思っています。