吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」は足場が外れて外観がわかるようになりました。

吉川市M様邸

黒のスタイリッシュなカッコ良い外観となっています。

クロス張りクロス張り2

クロス張りも順調に進んでいます。完成が楽しみです。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」はウレタン吹付け断熱工事を行いました。

吉川市M様邸「戸建てガレージハウス注文住宅」は断熱工事ウレタン吹き付けを行ないました。

吉川市M様邸 (3)吉川市M様邸 (1)

なぜ一般に使われているコストの安いグラスウール断熱材を使わずコストの高い吹き付け断熱を使うのかを説明します。

吉川市M様邸 (2)

グラスウール断熱材はどうしても木材と断熱材の間に隙間ができます。現場施工の吹き付け断熱材は現場で吹き付けするので手間がかかりますが隙間ができにくいのです。

凄い迫力です。日本よりもっと寒いマイナス10℃以上の地域でも使われている工法です。ダクト廻り、筋交いのところなど断熱材が入れにくいところにも隙間なくウレタンを充填できます。

気密の高い暖かい家になります。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」はエコアイを設置しました。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」はエコアイ熱交換換気を設置しました。

 吉川市M様邸 (5)

イシンホームの家は省エネルギー住宅のトップランナー企業に贈られるハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを3年連続受賞しています。その省エネ技術の中核を成すのが熱交換率90%を誇るエコアイ熱交換換気システムです。

エコアイ熱交換換気システムは2003年の建築基準法改訂によって設置が義務づけられた24時間換気システムに高度な省エネ機能を持たせたもので室内の温度の90%を取り込む外気に移してエネルギーの無駄を省きます。外気が0度、室内が20度の場合、熱交換機能のない換気システムで外気を取り込むと室温は下がって暖房を効かせても寒くてたまりません。エネルギーもたくさん消費します。

エコアイ熱交換換気システムなら外気を室温の90%にあたる18度まで温めて室内に取り込みます。だから、暖かで、エネルギーの無駄がありません。逆に夏の場合は、下記の図の様に30度の外気を21度まで冷まして取り込んでくれます。

イシンホーム松井産業の注文住宅はエコアイ換気など様々なものが標準設備でついています。標準設備が充実していて契約してからのオプションがほとんどないので当初の資金計画にて夏涼しく冬あたたかい高性能な省エネ住宅が建てられます。その上太陽光のゼロセッチの仕組みがありますので太陽光を無理なく設置でき今後話題になるであろう創エネにも対応できるようになります。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」はタイベックシルバーを施工です。

吉川市M様「戸建ガレージハウス注文住宅」は外壁工事遮熱透湿防水シートのタイベックシルバー貼りをおこなっています。銀銀色のシートで太陽からの熱を反射し中からの熱も逃げにくくします。家中ぐるりと貼っています。

吉川市M様邸 (6)

従来の家に比べて吹き付け断熱と反射断熱シートを併用するので従来の家の約2.4倍の断熱性能がある外壁下地になります。

製品はアメリカのデュポン社のものです。

吉川市M様邸 (4)

また小屋裏にもタイベックシルバーを施工しています。マルチエネヤネの構造をご覧ください。本当に効果があるとたくさんのお客様よりお言葉をいただいています。

7層構造のマルチエネヤネ

上の図を見てください。今回施工しているマルチエネヤネの構造、猛暑対策 7層構造の屋根で熱中症を防ぎます。反射断熱シートを張り垂木、合板、防水シートまでを施工しています。工程の中で吹き付け断熱や屋根材を施工。屋根に吹付断熱と反射断熱,さらに太陽光パネルによって日射熱を入れず屋根裏は暑くなりません。

従来の家の屋根2 従来の家の屋根

上の従来の屋根と比べてみてください。従来通りの屋根に断熱がない風雨をしのぐだけの住宅とはどちらがよいでしょうか。

マルチエネヤネの小屋裏温度 従来屋根の小屋裏温度

温度の比較です。違いが一目瞭然です。

イシンホーム

宇宙服と同じような反射効果で家を外から包んで熱を入れません。

内断熱と外断熱を併用しているので最高の断熱構造にもなります。家の外側に3センチほどの断熱材を貼り付けしたのと同じような効果があるとメーカーによる試験結果が出ています。

欠点は通常の外壁下地シートに比べて3倍ほど価格が高いことです。この家1軒で3軒分の通常の外壁下地シートが買えます。隠れてしまうところなので良い材料だと知っていても他社では使われていません。後から断熱材を入れ替えることができません。おまけにこの材料は非常に小さい湿気は外に出すのですが雨は中に入れません。呼吸する材料です。いろいろな商品がつくられていますが性能が全く違います。隠すのが惜しい材料です。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」は工事中です。

吉川市M様邸「戸建ガレージハウス注文住宅」はイメージシートを設置し工事が始まっています。

吉川市M様邸新築工事 (2)吉川市M様邸新築工事 (1)吉川市M様邸新築工事 (3)

安全第一で工事を進めます。

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」は上棟のお清めをいたしました。

吉川市M様は上棟時のお清めをいたしました。

上棟お清め (1)

M様に現場に来ていただきましてお清めです。建物の四隅にお米と塩とお酒を撒いてお清めを行いました。

上棟お清め (2)

M様まことにおめでとうございます。まだ工事が続きますが何卒よろしくお願いいたします。   

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」は屋根防水紙工事をしました。

吉川市M様邸は足場シートを張り屋根の防水紙工事が完了しております。

吉川市M様邸ガレージハウス (2)

次工程は構造用面材を張ります。

吉川市M様邸ガレージハウス (1)

吉川市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」は上棟しました。

吉川市M様邸「戸建ガレージハウス」は上棟いたしました。

吉川市M様邸上棟吉川市M様邸上棟 (1)吉川市M様邸上棟 (2)吉川市M様邸上棟 (3)

いよいよプランしていたものがカタチになりました。これから木工事に入りますが安全第一で工事をいたします。

吉川市M様邸は第三者機関の配筋検査を受け適合となりました。

三郷市M様邸

第三者機関の検査の前に社内検査にて新築現場を1,000棟以上行っているその道30年以上のベテラン社員でチェックし図面に基づいて配筋間隔、鉄筋径、かぶり厚やスペーサーブロックの間隔や設置方法を確認し第三者機関でもチェックをいたします。次回よりコンクリート打設となります。

三郷市M様「戸建てガレージハウス注文住宅」ご契約です。

この度三郷市H様「戸建てガレージハウス注文住宅」ご契約となりましたのでご報告させていただきます。

三郷市M様邸

M様邸は以前松井産業にて注文住宅を建築いただいたお兄様M様のご紹介でご縁がありました。

ご契約時にインタビューさせていただきました。ご紹介いただいた理由として大きいものは当社のお客様に対する姿勢、誠意をもって対応してくれるところだと言っていただきました。本当に名誉なことです。ありがとうございます。松井産業は最新のVR(仮想現実)を使って家づくりの提案をしておりますがそういったところもポイントが高かったとのこと。

一生懸命誠意を持った仕事をして一生お付き合いのできる家づくりをいたします。今後ともよろしくお願いいたします。