最近は冬のために床暖房についてお問合せいただくお客様が増えています。当社ではイシンホームの家でつけられる床暖房全館空調システム「床暖冬涼夏」(ゆかだんとうりょうか)をお勧めしています。

yukadantouryouka3

特徴は標準設備であるエコアイ空調システムと連動で家全体を温める効果があることです。
一般的な床暖房、「床暖」は床下に温水の管を巡らせることで設置してある真上を温めます。

yukadantouryouka4

それに対して「床暖冬涼夏」は温水式の放熱器を1階の床下に設置して専用のグリルから暖かい輻射熱を放出します。

床下の空気で1階の床全体をあたためてエコアイ換気システムで家全体にあたたかい空気を循環させます。放熱器で最大60℃近い温度になり専用グリル部分では40℃近い温度になります。

寒い冬の時の効果はわかりましたが、暑い夏の時はどうでしょうか。「床暖冬涼夏」は放熱器とセットでエアコンが1台(2階のホール部分)ついています。エアコンは床暖房を起動した時など早く暖めるために使うのですが、夏は冷房用として使えます。夏はエコアイ換気と2階ホールのエアコンで涼しい空気を家全体に運びます。

実際にご契約時に取り付けるお客様も非常に増えてまいりました。見学会でその効果を実証できる日が楽しみです。取り付けられたお客様におかれましてはアフター時に使用効果・状況をインタビューさせていただきたいのでぜひお願いいたします♪