三郷市T様邸で断熱材の吹付厚の検査を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

ここどう思います?と二級建築士の斉藤監督。

ん・・ここは手を入れる必要があるでしょ・・

と口をとがらせながら厳しい目で現場を見つめる

一級建築士で設計プランのお手伝いも頂いている岸さん。

 

 

 

 

 

 

 

壁の断熱材の厚さは80、屋根は100mmにしています。

だから実際に施工されたかどうかの確認はとても重要。

 

 

 

 

 

 

 

チェックを行い、問題個所は補修の指示。

現況を確認し、写真も撮っておきました。

普段見ることができないTさまにもあとで心配にならないないように。。。

そのほか、清掃状況のチェック。

 

 

 

 

 

 

 

掃除用具も所定の位置。問題ありませんでした。

T大工、厳しい暑さのいつもありがとうございます。

By なか。