大気中に気体のように長期間浮遊しているばいじん,粉じん等の微粒子のうち粒径2.5マイクロメートル以下のものを微小粒子物質としてPM2.5と呼んでいます。

物の燃焼などにより直接発生するほか大気中での化学反応によって発生すると言われています。

PM2.5は粒径が小さいことから肺の奥深くまで入りやすくさまざまな健康影響の可能性が懸念されています。