動線は家族が生活する上で家の中でどのように動くかを示した線です。

図面に動線を引くことでその間取りが自分たち家族にとって生活しやすい間取りなのかどうかを判断する基準となります。

一般的に動線が短く回遊するように動くことができる間取りは使い勝手が良い間取りと言われます。逆に動線が長く何度も同じ場所を行き来する間取りは使い勝手が悪い間取りとなるケースが多いです。

しかしこれらは一般的な使いやすさを考えた場合です。本当の意味で使いやすい間取りとはライフスタイルによってそれぞれ異なってくるもの。例えば個々のプライバシーを重視しているのか,それとも団らんを重視しているのか,家族の考え方や一人一人が同生活しているのかを確認することで快適な間取りを実現することができるのです。

自分たちのライフスタイルを見つめ直した上でどんな家にしたいのかという希望と比較すればきっと家族みんなが快適に暮らせる家が完成いたします。

例えば「働くお母さんに贈る家」の間取りは時間が無い共働き夫婦の為の家事効率と子育てを考えた間取りとなっています。

イシンホームでは家事効率を良くするためにキッチンを起点として家事が10歩以内でできるような間取りにしています。キッチンと洗面室を隣接させ洗う,干す,たたむが一連の流れでできるように考えられています。階段下のアイロンがけスペースも如何にアイロンがけを楽しんでできるか?が考えられた工夫をしています(詳しくはイシンホームの本を読んでください)。子育てを考えた工夫としては,キッチンからすべてが見渡せるように,子どもの気配を感じることができるような設計です。キッチンが対面式なので料理をしながら子どもの様子が見られる他,階段がリビング内にあるため出入りもわかる間取りになっています。また2階の様子がわかるよう吹き抜けになっているスペースもあります。