賃貸マンション経営ならRENACE(ルネス)

松井産業株式会社の土地有効活用

マンションだからという理由で、今まで諦めていたことが、「天井にある梁を床下に持ってくる」という逆「天」発想のルネス工法により一挙に解決しました。一つの階に二つの空間を設けた「1階2層構造」で住空間の有効面積を約25%もアップ。ルネス賃貸マンションは、入居者様にとっても、もちろんオーナー様にとっても魅力的な「進化」したマンションです。

ルネスで一挙に解決します!

松井産業「ルネス賃貸マンションシリーズ」

収納

床下に押入れ13間分のスペースを確保。

防音

逆梁方式で得られた床下空間の束をなくすことで、上下階の騒音を緩和

採光

梁をなくして天井高から直に日差しを取り込むことで、日差し面積を大幅に拡大。

安全

不必要な段差をなくし、入りやすい浴槽をつくるなど、人に優しい住まいを提案

メンテナンス

深さ60cmの床を設けることで、住まいを壊すことなく配電や補修を実現。


とことん追求した快適性!

上下階騒音の解消による静かな住環境、ハイサッシによるゆとりの採光・通風、カビ・ダニの発生防止など、ヘルシーで快適な住空間を実現。マンションライフのアメニティを多角的に追求しています。

ルネス賃貸マンション床構造


経済性

ルネス賃貸マンションの経済性

驚きの広さを実現!自慢の収納スペース!

深さ60cmの床下空間を有効に活用した豊富な収納スペース(押入れ13個分の空間)!
さらに、生活シーンに応じた多彩な収納システムを開発。
多様な物がコンパクトに収納でき、生活の有効面積を大幅に拡大いたしました。

ルネス賃貸マンション-収納スペース
床下収納空間(和室の畳下をスライドした状態)
引出式収納とミニ庭園

在宅介護にも柔軟に対応!

床下空間を最大限に生かした独自のルネス工法により、移動・排便・入浴の問題を解決しました。
床下空間にバスタブやトイレを埋め込むルネス工法により、介護システムを一挙に効率化。スムーズな移動や快適な入浴、排便を可能にしました 。 ルネス賃貸マンション-在宅介護

メンテナンスの煩わしさを軽減!

床下に冷暖房機器や電気温水器、給排水管、配線などを納められ、設備の点検や修理交換が簡単。
リフォームも容易にできます。さらに、対応年数も大幅に延長され資産価値も高まります。

ルネス賃貸マンション-メンテナンス
床下スペース(設備機器・配線)
床下スペース(配管等)

100年マンション

マンションは通常、躯体は100年もっても設備は10~50年が寿命と言われています。古くなった設備を修理交換するには多大なコストと時間がかかります。ルネス工法なら、床下空間に配管・配線等を組み込めるので、電気衛星関係のトラブル対処も容易です。設備交換も簡単にでき、マンションを丸ごと100年もたせることも可能です。 ルネス賃貸マンション-LLCの経済性


マンション事業の成功条件とは?

マンション事業は
1.居住者ニーズに的確に応える収益物件であること
2.維持・管理を徹底し、長期安定収入を実現すること
3.構造的に維持・管理の容易な工法を採用すること
が成功の条件です。

これら3つの条件を満たすのが、ルネス賃貸マンションといっていいでしょう。
これを機会に、オーナー様の土地・資産の有効活用を検討されてはいかがでしょう。

事例はこちら