住宅建築を考えています。消費税が2014年には8%,2015年には10%に引きあがる予定です。対策はどうしたらいいですか?

総務省の調査によると一世帯当たりの年間の平均支出は,約300万円との事です。消費税が8%となると,約24万円,10%になると約30万円の消費税額を払うことになります。嘆いてばかりいても仕方ありません。消費税前にできる消費税対策を考えてみました。

消費税対策①「消費税が上がる前に家を建てる」

消費税が上がる前に家を建てることをお勧めします。例えば2,000万円の家なら消費税率が8%で160万円、10%で200万円の消費税を払うことになります。現在の消費税率を5%と比較すると8%で60万円,10%で100万円の支出アップとなります。早く建てるが勝ちです。2~3年後を予定している方はぜひ早く建ててください。一軒の税額が大きいだけに痛いです。

消費税対策②「副業収入が得られるソーラー発電所設備を付ける」

太陽光発電システムの売電収入によって住宅ローンの支払いを全額「0円」または一部を返済します。

また,イシンホームの贅沢な桧造りの家、WRCコンクリート造の防火住宅を建てて長持ちする家をつくることで豊かな生活を楽しめます。

消費税対策③「最高のスマートハウスに住み光熱費を抑えて,豊かな生活をする」

24時間90%熱交換システム,W断熱(吹付け断熱+外反射断熱),断熱窓(Low-Eガラス+断熱サッシ),地熱利用を採用したイシンホームの家なら光熱費を削減して家計費を徹底的に節約します。

消費税対策④「増税後の支出を減らすため,コミコミセット商品を建てる」

イシンホームの家は全室カーテン・照明,エコキュート+IHクッキングヒーターのオール電化からムクの床,食器棚,造り付け家具まで最初から価格に含まれた夢のような家です。

消費税対策⑤「家事が楽な家に住んで,共働きで収入を増やす」

洗濯,料理,子育てなどすべての家事がキッチンから10歩以内でできる家事時間1/2動線を開発。キッチン横にウォークスルー洗面乾燥クローゼットを配置し「洗う,その場で干す,たたむ,着る」が1ヵ所でできるなど,家事を楽にする設備がたくさんついています。

これら5つの消費税対策がされた家を建てるかどうかが今度あなたの生活を豊かにできるかどうかの決め手となってきます。

参考:HEIG自由設計 作品と実例辞典

著者:HIRO ISHIHARA

あなたの土地を高く買い取ります