内装インテリアを美しくするポイントとは?

内装インテリアは家にお客様が来られる時にもっとも気になるとことです。ポイントは以下の7つです。

内装インテリアを美しくする7つのポイント

①好みのインテリアと素材を決める

最近は,ナチュラル無垢天然木の床も人気があります。色は薄いものから濃いものまであります。

②使い勝手の良い間取りと設備を決める

子育てと共働きを応援する家の間取りと設備は欠かせません。どこで,誰が,何を,どのように楽しみながら住み使うかを明確にしてください。

③空間を平面の間取りではなく,室内パースで自分の目の高さと位置から考えてください。今はパソコンで簡単にできます。

④美しいデザインポイントをつけて下さい。

特に階段は斜めの線が面白く,美のポイントになります。最近流行のデザイン階段は良いアクセントになります。人気があります。節電のLED照明や省エネカーテンもあります。

⑤室が広く見えるように,スケルトンの技法を使うとより広く明るく見えます。CGで描き起こした通りです。同じ空間でもより広く見えます。

⑥最近のデザイン傾向

シンプルでナチュラルモダンが増えています。特に,階段及び吹き抜けデザイン手すりをスチールで仕上げて,美しく見えるものが多く最近の住宅誌でも60%がモダンのスチール階段になっていました。本物志向の床材と,シンプルなナチュラルモダンが人気を集めています。

簡単につくれる新素材の内装や,その反対の外国の輸入住宅も人気がありました。今はやや下火になっています。和のエッセンスも少し加えて現代的にまとめたインテリアも人気です。

使い勝手が良く,機能的デザインが求められています。TVなどの家電製品もモダンなデザインが多いので,自然にモダンが増えています。好みのデザインがあれば流行にとらわれないで,はっきりと設計者に伝えてください。

⑦よくあるインテリアデザインの失敗

(1)建てるメーカーの断熱性能や24時間換気をよく確かめて,広い空間やリビング階段にすること。冷暖房効果が高く,全館暖かい家は問題ありません。昔ながらの断熱性能が悪い家の場合は、デザインだけで考えると寒くて,冷暖房費もかかります。床下の断熱性能や換気システムなどの目に見えないポイントとデザインは関係します。

(2)夜干し,室内干しが50~60%時代,専用空間を設けておかないと,LDKが物干し場になります。確かめておきましょう。また,収納不足の空間は,後から買った本棚などゴチャゴチャして片付かず,美しい室内にはなりません。

参考「働くお母さんに贈る家」~毎日の家事を1/2にする母の日プレゼント~

HEIG設計研究所代表 一級建築士 石原宏明 著

あなたの土地を高く買い取ります