【謹賀新年】2017年もよろしくお願いいたします。松井産業

謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 さて、新年につきご挨拶をさせていただきます。日本全体の問題となっている人口減少にも関わらず我々の拠点である三郷市は人口が増え14万人に近い人口となり全国的に注目されるまちとなりました。住宅業界においては住宅ローンの低金利や将来に来るであろう消費税10%時代などお客様の中での不動産に対する関心はまだまだ高まっているところであります。

2017matsuisangyou

2017年は当社のサービス、社員教育に対する基本姿勢を徹底的に追及し、松井産業グループの市場価値を高め、この地域に欠かせない企業として存在価値を発揮できるよう更に務めてまいります。

新築においては「高性能で高品質な省エネ住宅」「ZEH基準+ゼロセッチ」「デザイン性」「プラン段階から最新の提案」「ローコスト、リーズナブル」の5つの基軸をもとにお客様の更なる満足、感動へと邁進いたします。新築をお求めになるお客様もコストだけでなくより高性能高品質な商品をお求めになられています。松井産業ではすでにZEH基準を大きく上回る高性能で高品質な住宅を提供しておりますが、加えて美しさやかっこ良さを追求しお客様により選ばれる住宅づくりを行うため、昨年度はいち早くVR(仮想現実)を取り入れてお客様に大喜びしていただける住宅づくりにつとめてまいりました。さらに不動産部門もあることで土地からの住宅づくりにおいては、当社の長年にわたる人脈やつきあいの中から希望する校区やエリアに対応した土地探しを行うことができ、立地面でも付加価値を付けた家づくりを販売することができました。

不動産においては、今後はさらに中古物件のリニューアルや販売、買い取りからの再販、管理物件の高い入居率が大事になってきます。世の中は空き家問題が日々ニュースになってきた世の中において、オーナー様が持つ資産をいかに有効活用し、守り抜くかが大事になってきます。そのためには当社の持つリフォーム部門と不動産の連携し「プロの目でしっかりと住宅の健康診断、インスペクションを行い、より正確で有益な情報をもとに高品質なサービスをご提供し安心安全な取引を実現することだと考えています。不動産の情報がより多くのお客様に届けることができるよう、より一層の情報提供ができる環境にするべく力を入れてまいります。 また管理物件の入居率に関しては現在96%にて推移しています。我々のエリア内では非常に高い数字で推移しておりますが、より多くのお客様から管理をいただき、取引させていただいているお客様がお喜びいただけるよう100%の数字を目指して努力してまいります。

リフォーム部門においては昨年度は大規模な改修と修繕業務と大きく2つにわかれました。大規模な改修においては、より「高性能高品質」「耐震診断+耐震改修」「在宅のお客様に感動いただける施工品質」「ローコスト、リーズナブル」、修繕業務に関しては「スピード対応」を第一として営業いたします。特にお客様が在宅される場合が多いリフォーム・修繕に関しては施工品質が一番の商品として職人の態度や話し方、現場の環境、清潔さを更に磨くべく毎週の安全パトロールと毎月の勉強会にてスタッフのみならず協力業者と職人達の教育をいたします。

飲食部門においては更にHDC(ホスピタリテイ、デリシャス、クレンリネス)活動を推進し、来ていただいたお客様に更に居心地の良い環境をつくります。昨年はミステリーショッピングでも過去最高点をとることができ若いスタッフの中でもより良い店づくりをしようとする気持ちが高まってきています。このスタッフの気持ちを高めさらにお客様感動に向けて舵取りをしていきます。

介護部門においては、さらに医療との連携を強くし地域の医療関係者や介護関係者との連携を進めます。高齢化社会が急速に進む現在において、国や地域の求める介護の質も高くなりつつあります。その中で我々は地域とつながりをもちながら、情報を得てスタッフを教育し入居者様が生きがいをもって自分の生活を続けられるようさらに良い施設にしてまいります。

 matsuihiroyuki

本年もスタッフ一同、お客様にご満足頂けるサービスを心がけてまいります。何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますようお願い申しあげます。2017年も何卒よろしくお願いいたします。

2017年元旦 松井産業株式会社 代表取締役社長 松井宏之