太陽光売電住宅、今後どうなる?

九州電力の再生エネルギーの買取制度申込み回答保留の波紋

2014年9月25日から九州電力では再生エネルギーの買取制度の申込み回答保留ということが発表されました。

再生エネルギーの買取制度について数か月間保留するとの内容。理由は、

『太陽光発電の導入が急増し、それに伴う送電線の容量が足りなくなるから』という主旨。10kW未満は対象外で引き続き受け付ける方向にあるようです。

これらの動きは、東京電力管轄の一部にも

これらの動きは、東京電力管轄の一部にも関連した動きがあるようです。
ということは、それだけ、太陽光の普及は高まっているのは確か。

実際の売電状況を見てみる

では、太陽光売電住宅への影響を考えてみる

ここをご覧の方は、新築住宅を建て、太陽光発電による売電収入をご検討中であることを、前提として、太陽光売電型住宅への影響を考えてみます。

さてここで、冷静に申込みのスケジュールを考えていく必要があると思います。

10kW以上、20年固定買取制度・・・

権利を得るために、何を最初に進めていかなくてはならないのか、冷静にひとつずつ、対応を考えるべきなのです。

こんな時こそ、周囲の状況に惑わされず、しっかりとしたスケジュールを組む。

今後の太陽光発電の買取制度に関して気になることがあれば、いつでもご相談ください。
太陽光発電の買取制度に関することをしっかりご説明いたします。

お気軽にお問合せください。

松井産業株式会社 住宅部(おうちの情報館)
電話:048-949-0112

太陽光が収益を生む注文住宅

  • 太陽光搭載10kW以上
  • 門・ガレージまでついた豪華版
  • この豪邸が月々なんと10万円で建ち、その上、売電収入でお小遣いまでGETできる?!

長い人生から考えた売電副収入でローン0円を目指す家|イシンホーム三郷店

年収300万円で建つ注文住宅!

  • 太陽光搭載10kW以上
  • 3LDK~
  • 高性能な注文住宅が月々4.51万円~のお支払い。更に売電収入で月々わずか1,400円の支払額?!

年収300万円台で建てる注文住宅の決定版イシンホームC300-21

 

あなたの土地を高く買い取ります