ホスピタリティ検定導入企業として紹介されました。

日本ホスピタリティ検定協会機関誌(No.04 2018年1月1日発行)に松井産業の事例が紹介されましたのでご報告いたします。

ホスピタリテイ検定

試験導入団体のご紹介ということで「建設・不動産事業をはじめ介護事業や飲食事業を手掛け『埼玉県三郷・吉川地域のお役立ち企業』として地域に密着している松井産業株式会社」としてホスピタリティ検定を導入したきっかけなどが紹介されています。

経営計画書に基づきグループ全体の従業員130名が朝礼にて「人のために」という考えの基本を毎日読んでいます。これがしっかりと実践できる人間になってほしいと思います。